株で失敗続きの方必見!イチオシの運用ツール紹介

「株で儲けられない人の5つの特徴」株で儲かる人と失敗する人の違いは何?

株式投資をする人なら、誰もが一度は「株で儲かる人と失敗する人の違いってなんだろう?」考えたことがあると思います。

当サイトのテーマでもある”株で失敗する人と成功する人”と違いですが、明暗を分ける最大の理由はなんだと思いますか?

私が思う、株で稼げない人、儲けられない人の特徴をご紹介します。

株で儲けることが出来ない人の5つの特徴

1.そもそも株で儲けるという考えが間違っている?

私はこのサイトの中で、「株をはじめた動機」で、その人が株で儲かる人かどうか占うことが出来ると書いたことがありますが、「儲けようと思って株をはじめた人」は高確率で儲けることは出来ないでしょう。

稼ぎたいという欲求が強い方は、乱高下の激しいリスクが高い銘柄を選ぶ傾向にあり、強欲さはエントリーとエグジットの判断を鈍らせてしまいます。勝つイメージを持つことは悪いことではありませんが、株で儲けることが出来ない方の多くが、株で儲けよういう思いが強すぎてギャンブル的な運用をしています。

株式投資は、健全な資産運用方法の一つですが、一攫千金を夢見る者には容赦ありません。

株で失敗する理由は、「株の始め方」が問題だった?

2.「利回り」という概念を持っていない方は要注意。

「そもそも株で儲けるという考えが間違っている?」に付随することですが、株で儲けようと思ってるの多くが、「利回り」という概念を持っていない場合が殆んどで、世の中の「利回り」に無頓着です。

株式投資投資に期待できる平均利回りをご存知ですか?一般的に、株式投資に期待できる利回りは、せいぜい5%~10%と言われています。株式投資における平均利回りは10%以下になっており、これ以上の利回りを追えば、その分リスクも高まります。例えば、1年間で300万円を1000万円にしよう!なんて夢見るのは愚の骨頂なわけです。

かの有名なウォーレンバフェットの年間利回りは「約22%」と言われています。少し乱暴な言い方ですが、非常識な利回りを期待する方は、株で儲けることは難しいでしょう。もちろん、運よく1年間で資産を10倍以上に増やす方もいますが、それは「運」が良かっただけです。

3.メディアの情報に流されやすい人は株で儲けることはできない。

メディアを悪と決めつけるのはどうかと思いますが、株式投資においてはメディアは邪魔になります。とくに「テレビ」です。テレビで話題になり、毎日のようにニュースで耳にするようになった情報に価値などありません。

昨年末のビットコインが良い例です。ダウ理論などの市場原理をご存知の方であれば、ビットコイン相場を見ながら「売り時だなー」「また情報弱者が被害に合うなー」くらいにしか思っていなかったはずです。

銘柄を買う理由が、テレビやインターネットで注目されていたから!だった場合は注意しましょう。

4.儲けやすい相場の特徴を理解していない。

ここで問題です。2018年現在の相場は、儲かりやすい相場でしょうか?儲けにくい相場でしょうか?

数年前から株をやっている方であれば、「儲けにくい」と感じているはずです。上半期はとくに小型株が盛り上がっていたので、新興株が得意な方からすれば比較的儲けやすい相場だったと答える方もいるかもしれませんが、上昇一辺倒だったアベノミクス発足当初の相場の方が儲けやすかったと答える方が圧倒的に多いはずです。

人によっては今は我慢の時期です。相場は常に循環しています。儲けやすい相場もあれば、儲けにくい相場もあります。お金がどこに流れているのかを把握できる投資家を目指しましょう。

5.株式投資における「保険」のかけ方を知らない。

株式相場には、儲けやすい時期と儲けにくい時期があるのと同時に、加熱気味の相場というものがあります。数億単位で運用するヘッジファンドは相場が過熱するとリスクヘッジします。リスクヘッジとは、株価変動に伴う損失を防ぐために保険をかけておくことですが、一般投資家の多くが、株式投資における「保険」のかけ方を知りません。

ヘッジをかけると言うと少々難しく感じるかもしれませんが、物凄く簡単に出来るリスクヘッジは、保有銘柄を一時的に手放せば良いだけです。相場が過熱し過ぎだと感じたら、手放せない理由がない限りは、ポジションを整理する。保険を掛けるという選択を考えられるようになっておいた方が良いでしょう。

上昇している銘柄を手放すと損した気分になりますが、大事なのは思わぬリスクを避けることです。

株で儲けることが出来ない人の特徴まとめ

極々当たり前のことだったかもしれませんが、株を始めたばかりの頃は、こうした事になかなか気付けません。
株式投資は、お金が増やせる魔法でもなんでもありません。機嫌の良い時もあれば悪い時もある生き物です。

もし、ここに書いた中で当て嵌まることがあったら、そのことについて少しゆっくり考えてみてはかがでしょうか。
もちろん、ここに書いたことだけが、株で儲ける障害になるわけではありませんが、少しでも株で儲けるためのヒントになれれば幸いです。

自分で銘柄を選べない…自力じゃ勝てない…そんな方へ

株式投資を始めたばかりの方、一からやり直そうと思っている方は、株式投資の基本が学べる株サイトがお勧めです。

私が株で失敗続きだった頃、上手くいくキッカケになってくれたのが株サイトでした。

これから上がりそうな株を厳選して教えてくれたり、気軽にメールで銘柄相談もできます。(無料サービスです)教えて頂ける銘柄が全て上がるわけではありませんが、提供直後に急騰するケースも多いので、チェックしておいて損はないと思います。

登録無料のおすすめ株サイト

PR

株プロフェット(登録無料)

いま、私がお世話になっている投資顧問会社さん。というのも、昔から藤本 誠之さんのファンという事もあります。元マネパ・SBI証券のシニアアナリストなど多方面で活躍されている方で、誰も注目していないお宝株の発掘には定評がある方です。テンバガー(株価10倍)を達成したペッパーフードサービス(3053)を500円台の頃に推奨していたのが強く印象に残っています。藤本誠之さんのコラムは必見の価値ありですよ。※SBI証券の連載コラムは終わってしまいましたし、このサイトの連載コラムは貴重な情報源です。


PR

グラーツ投資顧問 (登録無料)

無料提供銘柄の80%が上昇すると話題のグラーツ投資顧問。グラーツ投資顧問の良いところは、提供銘柄に定評があるだけでなく、1ヵ月単位での勝率や含み益を開示してくれており、どのように資産が増えるのかイメージしやすく、しっかりとユーザーの資産に向き合おうとする姿勢がうかがえます。 昨今のネット投資顧問は、どれだけ短期間に吹き上がる銘柄を発掘できるかを競い合っている傾向にありますが、グラーツ投資顧問は、ホットなテーマ株情報を提供しつつも、アベレージで利益を出すということが前提にあります。そういう意味では、長く付き合えるパートナーを探している方に、是非、試していただきたい投資顧問です。


PR

ファーストリッチ投資顧問

お宝銘柄推奨という意味では、この株サイトもオススメです。代表者は金融業界キャリア30年以上、”相場の鉄人”と称される証券会社OB「鳥丸好一」さんです。機関投資家や国内外ファンドなどに精通した人脈の広さを活かした銘柄推奨が特徴というだけあって、情報の精度は高いと感じます。推奨銘柄の経過を追ってますが、良いパフォーマンスを見せています。

これらの株サイトの特徴は、無料でその時々の注目株や、相場レポートを配信してくれることと、「銘柄相談」に定評があることです。もし、含み損が大きな銘柄を抱えてしまっているなら、包み隠さず相談してみては如何でしょうか。(銘柄相談は、電話でもメールでも大丈夫です。)

どの担当者も、誠実・丁寧にアドバイスして頂けるはずです。対応も早く、当日か翌営業日には返答がきます。まだ使った事がない方は「銘柄相談サービス」の利用をおすすめします。 ただし、質問の内容が複雑すぎたり、一度に相談する銘柄数が多い場合には、回答まで数日かかるかもしれません。個人的なオススメとしては、一度にたくさんの相談をするのではなく、必要最低限の質問を複数回に分けてする方がレスポンスは良いと感じます。銘柄相談する場合には工夫してみてください。

いろんなサイトを試しましたが、やはり、サポート対応がしっかりしているところは、総合的にサービスのレベルは高いと感じています。このサイトで取り上げた投資顧問サイトは、もちろん、サポート面もしっかりしていますし情報やサービス水準は高いと思います。是非お試しください。

"ココは使える!"と思う投資顧問サイトは、正直あまり多くありませんが、他に見つけたら、この一覧で紹介させていただきます。