株失敗で借金8,000万円抱えた知人の末路

株初心者入門・失敗しない株の始め方2・やり方・儲け方

投資家が100人居れば、100通りあると言われる程、株式投資のやり方は多種多様です。投資する「目的」や「投資額」、投資する資金の「性質」や投資する私達個人の「性格」まで、各人が工夫をこらし、自分に合ったやり方を見つけて行くのが株式投資です。

株で失敗しない為には「致命的な損失を出さない」

様々な投資法がありますが、昔から変わらない事が「株式投資は自己責任」であるという事。株式投資で成功するも失敗するも、自分がどんな判断で株式投資を行ったかを自己分析する癖を付けておけば、将来的に役に立つ場面がある事でしょう。

株初心者の方に一番気を付けて頂きたいのが、株式投資で「致命的な損失を出さない」事です。株式投資は常にリスクと隣り合わせです。様々な「リスク管理」を行う事で「リスクと上手く付き合う」事が肝心です。余りに大きな損失を出してしまうと、生活が破たんしてしまう場合もありますので、注意が必要です。

コツとしては、最初のうちは余り大きな儲けを追わずに、損を抑えて出来るだけ小刻みにトレードを行ってみましょう。株初心者の方はまず、場に慣れる事が大切です。

自分の性格に合った投資手法を考えよう

場に少しづつ慣れて経験を積めば、やがて自分流の投資スタイルが見つかる筈です。その時に自分の性格に合った投資手法を考える事をオススメします。自分の性格に合わない投資手法を行うと、株価が気になって仕事が手に付かなかったり、ストレスで不眠症になってしまったら本末転倒です。「自分に合った投資手法」で株式投資を行う事を推奨致します。

ここからは相反する投資手法のそれぞれのメリットなどをまとめて行きます。自分に合った投資法を客観的に捉える為にも、ご一読頂ければ幸いです。

長期投資か短期投資か 比較まとめ

投資の期間で見ると、投資家は大きく2つのタイプに分かれます。1つは主に決算書などを使用したファンダメンタルズ分析を基に、長期に渡る投資で大きな成果を求めようとする「長期投資派」。

そしてもう一方は、株価チャートを使ったテクニカル分析を基に、短期の売買を繰り返して小幅な利益を積み上げようとする「短期投資派」です。

例えば、陸上競技では「長距離ランナー」と「短距離ランナー」では求められる「資質」や「性能」が違いますよね。株式投資においても、自分にどっちの投資が向いているのか「自己分析」をする事が大事です。

長期投資のメリットは「配当金」や「株主優待」を受けながら、どっしりと構えていられる事。逆に短期投資のメリットは株式市場に急激な変化が起きた場合も柔軟に対応出来る点です。

長期投資 短期投資
投資期間 1~2年 1日~数週間
参考情報 決算書など 株価チャートや流行のテーマ株など
参考指標 ファンダメンタルズ分析 テクニカル分析
着眼点 企業の利益成長 株価の動き、需給の変化
メリット ゆったり投資出来る。配当や株主優待を楽しめる リスク変化に対応出来る。市場環境をあまり気にしなくて良い
デメリット 経済見通しや会社業績の分析が必要。急激な環境変化に対応しにくい 毎日市場の動向にアンテナを張る必要がある。頻繁に株価チェックをする必要がある

バリュー株かグロース株か 比較まとめ

※バリュー株とは

本当は実力があり価値も高いのに、株式市場で一時的に「株価が割安」になっている銘柄の事を指します。バリュー株を狙う投資家は、主に企業が所有する資産やキャッシュに注目し、PBR(株価純資産倍率)などの株価指標を活用し、割安になっている銘柄を探します。

※グロース株とは

グロースとは「成長」という意味で、売上や利益が伸びていて、実力や事業環境などからも「将来性」に期待出来る銘柄を指します。主に参考にする株価指標はPER(株価収益率)を使います。

一般的に景気が良くなるとグロース株に人気が集まり、停滞期に入るとバリュー株に人気が集まる傾向にあるようです。

読者の皆様はどちらの株が好みですか?もっと詳細に比較してみましょう。

【バリュー株】銘柄の特徴

  • 成熟した市場で強い事業基盤を備えている
  • 成長率は高くないが、保有する資産が多い
  • 安定した事業の拡大が期待出来る
  • 成長率は数%程度

【バリュー株】銘柄への投資タイミング

  • PBRなどで見ると、現在の株価が割安の時
  • 割安な水準で買い、割高な水準で上昇したら売る

【グロース株】銘柄の特徴

  • まだ企業の規模は小さいが、成長産業として将来性に期待出来る
  • 自社の売上高が急成長し、利益も伸びている
  • 環境の変化により、事業拡大に急ブレーキがかかる場合も
  • 成長率10%以上

【グロース株】銘柄への投資タイミング

  • 先行きへの期待から、割高の場合がある為注意が必要
  • 高い成長率なら高いPERが原則
  • ライバル会社や類似業種の平均PERを株価目標に設定しておく

株式投資で失敗しない為には、「バリュー株」「グロース株」のどちらか一方に偏らず、景気や株式市場の動きに応じて柔軟に切り替えるべきですね。

値がさ株か低位株か 比較まとめ

※値がさ株とは

株価水準が高い銘柄を「値がさ株」と呼びますが、中でも株価が1万円以上する高額銘柄を「超値がさ株」と呼んだりもします。

主にこういった値がさ株は業績が良く、多くの利益を出している場合が多く、経営的に優れた企業となりますね。こういった銘柄は、特に長期投資派やグロース株はにとって投資し易い銘柄となります。

※低位株とは

基本的には株価水準が低い銘柄の事で、投資効率が良いことから個人投資家の方に人気の傾向です。時価総額や株価が低い銘柄は、値動きが軽い傾向にある為、短期で株価が大きく上昇するケースがあります。投資金額が少なくて済み、その為に多くの銘柄に投資出来るというメリットがあります。

但し、株価水準が低い低位株は理由もあります。無配株だったり、発行済み株式数が多い大型株の場合もありますので、良く調べてから投資をした方が良いでしょう。

順張りか逆張りか 比較まとめ

株式市場の上昇や下降の波に対して、その流れに乗って利益獲得を狙う投資法を「順張り」と言います。反対に、相場の流れに逆らって利益を狙う方法を「逆張り」と言います。

例えばこれまで上昇していた株価が、一旦下がって再び上昇に転じた際に「これで新しい上昇トレンドに入った。更に値上がりを狙える」と買いに入るのが「順張り」で、ずっと下降を続けていた株価が、前の安値と並ぶ水準まで下がった際に「これで長かった下降トレンドも終わり。今度は上昇する筈」と買いに入るのが「逆張り」です。どちらの場合もテクニカル分析を行い、「上昇が続く」「上昇に転じる」といったシグナルを確認する事が重要です。

特に「順張り」では株価が上がりきったところで買ってしまう、所謂「高値掴み」になる危険もあります。一般的に楽観的な投資家は「順張り」を好み、慎重派は「逆張り」を好むとされます。あなたはどちら派でしょうか。

株式投資で失敗しない為には客観的な視点を養う

株式投資で失敗しない為には、どちらが正解なのか、または自分の性格を客観的に捉える必要があります。株式相場では、どんな局面でも冷静な判断が必要なのです。

但し、個人ではどうしても情報力に不足を感じてしまったり、想定外の事態が起きた時に冷静な判断を行うのが難しい場合もあります。そういった時に頼りになるのが「株サイト」の存在です。

株式投資を始めたばかりの方や、一からやり直そうと思っている方は、株式投資の基本が学べる株サイトがお勧めです。

私が株で失敗続きだった頃、上手くいくキッカケになってくれたのが株サイトでした。

これから上がりそうな株を厳選して教えてくれたり、気軽にメールで銘柄相談もできます。(無料サービスです)教えて頂ける銘柄が全て上がるわけではありませんが、提供直後に急騰するケースも多いので、チェックしておいて損はないと思います。

登録無料のおすすめ株サイト

PR

株エヴァンジェリスト(登録無料)

今、私がお世話になっている投資顧問会社さん。夕刊フジの「株1グランプリ」の優勝者として有名になった「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えたサイトで、とにかく急騰銘柄を年間を通してズバズバ先取りしている印象です。2018年はあの株価11倍に急騰したエムティジェネックスを始め、多くの急騰銘柄を推奨していました。株で失敗しない為の情報収集ツールとしても優秀ですし、貴重な情報源として活用してます。


PR

あすなろ投資顧問 (登録無料)

投資顧問会社の中でも信頼感NO,1なのがあすなろ投資顧問でしょうね。「カブタン」や「みんなの株式」などに掲載されたり、あの「YAHOOファイナンス」投資の達人ランキングに専属アナリストが度々選出されたりと、実力派の投資顧問サイトとして情報の精度は高いと感じます。 推奨銘柄の経過を追ってますが、良いパフォーマンスを見せていますし、「大きく勝って小さく負ける」を目標に掲げていますので、株で失敗をしたくないとお考えの方は立ち回りなど参考に出来ると思います。無料配信銘柄から2018年は株価7倍を超えた地域新聞社を推奨していますし、長く付き合える投資顧問会社さんとして要注目ですよ。


PR

スナップアップ投資顧問 (登録無料)

こちらは私が株で失敗続きだった頃に窮地を救ってくれた投資顧問会社さんです。特に基本的な立ち回りや投資戦略をまとめた80ページにも及ぶ「株投資で勝つために必要な方法」は必見の内容でした。無料で閲覧出来るので、今後も個人投資家として優位に立ち回って行きたいなら一度は目を通しておくべきでしょうね。 また、無料で公開してくれている「厳選銘柄情報」も相当使えると私の中でも重宝しています。とにかく短期で急騰するケースが多いので必見です。是非チェックしておきたい投資顧問会社さんですよ。


PR

グラーツ投資顧問 (登録無料)

無料提供銘柄の上昇率が話題のグラーツ投資顧問。グラーツ投資顧問の良いところは、提供銘柄に定評があるだけでなく、1ヵ月単位での勝率や含み益を開示してくれており、どのように資産が増えるのかイメージしやすく、しっかりとユーザーの資産に向き合おうとする姿勢がうかがえます。 昨今のネット投資顧問は、どれだけ短期間に吹き上がる銘柄を発掘できるかを競い合っている傾向にありますが、グラーツ投資顧問は、ホットなテーマ株情報を提供しつつも、アベレージで利益を出すということが前提にあります。そういう意味では、長く付き合えるパートナーを探している方に、是非、試していただきたい投資顧問です。

これらの株サイトの特徴は、無料でその時々の注目株や、相場レポートを配信してくれることと、「銘柄相談」に定評があることです。もし、含み損が大きな銘柄を抱えてしまっているなら、包み隠さず相談してみては如何でしょうか。(銘柄相談は、電話でもメールでも大丈夫です。)

どの担当者も、誠実・丁寧にアドバイスして頂けるはずです。対応も早く、当日か翌営業日には返答がきます。まだ使った事がない方は「銘柄相談サービス」の利用をおすすめします。 ただし、質問の内容が複雑すぎたり、一度に相談する銘柄数が多い場合には、回答まで数日かかるかもしれません。個人的なオススメとしては、一度にたくさんの相談をするのではなく、必要最低限の質問を複数回に分けてする方がレスポンスは良いと感じます。銘柄相談する場合には工夫してみてください。

いろんなサイトを試しましたが、やはり、サポート対応がしっかりしているところは、総合的にサービスのレベルは高いと感じています。このサイトで取り上げた投資顧問サイトは、もちろん、サポート面もしっかりしていますし情報やサービス水準は高いと思います。是非お試しください。

"ココは使える!"と思う投資顧問サイトは、正直あまり多くありませんが、他に見つけたら、この一覧で紹介させていただきます。

⇒2019年1月追記:こちらの株サイトもイチオシです!