株で失敗続きの方必見!イチオシの運用ツール紹介

株初心者が知るべき、株で儲かる割合・成功と失敗確率

【株で失敗する人・成功する人】では、株で失敗しないために、是非とも抑えておきたい心構えや、具体的な対処法を紹介しています。

トップページでは各ページの要約を、各ページでは一歩踏み込んだ内容を書いています。そのため、内容の一部はトップページと重複しますのでご了承ください。

株初心者の失敗確率は80%以上!?

これから株式投資をやってみよう!と思い、株の始め方を調べて当サイトに訪れた方には、少々、夢の無い話になってしまいますが、株式投資を始めた方の9割は、株式投資をしたことによって、資産を減らしているという現実があるようです。

現在(2015年)の相場は、国策を伴った強い上昇トレンドにありますので、株価が安い時に仕込んでロングホールドされている方や、ここ1~2年に株を始めた方は、資産を増やしているかもしれません。「9割が負ける」なんて信じられないと思う方もいるかもしれませんが、この割合は、私は間違っていないと思っています。

特に、株式投資を「長期的な投資」としてではなく、儲かりそうだからと軽い気持ちで株を始めた若い方は、痛い目を見ている方は多いのではないでしょうか。

これだけ、恵まれた相場が訪れているのに、勝てていないという方は、やり方に問題があるかもしれませんので、是非、当サイトの情報を参考にしてみてください。

20対80の法則(パレートの法則)をご存じでしょうか。

20対80の法則(パレートの法則)
  • 「2割の顧客が売上の8割を支えている。」
  • 「2割の優秀な社員の売上げが全売上げの8割を占める。」
  • 「コンビニの売上の8割は、2割の側面販売コーナーの商品である。」
  • 「国家の富の80%は20%の富裕層が独占している。」
などなど、マーケティング・統計分野などで応用されている法則です。

株で損する人と成功する人の割合も、この割合に当てはまると言われています。 実際は、5年、10年と相場で勝ち続けている人はもっと少なく、8割どころか9割以上の方が失敗していると言われています。

  • 勝つ人 10%
  • トントン 10%
  • 損する人 80%

こんな割合になっていると思います。

さらに言えば、デイトレード・スイングトレードといった短期利潤目的のトレードで、資産を増やせる方は全体の1%未満でしょう。

株式相場にはトレンド(流れ)があり、やさしい相場と難しい相場があります。

現在(2015年)の相場は、国策を伴った強い上昇トレンドにありますので、株価が安い時に仕込んでロングホールドされている方や、ここ1~2年に株を始めた方は、資産を増やしているかもしれません。勝てる人が「1割以下」だなんて信じられないと思う方もいるかもしれませんが、この割合は、私は間違っていないと思っています。

株で失敗する理由は、「株の始め方」が問題だった?

あなたの株式投資のキッカケはなんでしたか?あなたが株をはじめた理由はなんでしたか?

おそらく、こんなところではないでしょうか。

  • 「知り合いや友達から儲かってる話を聞いて」
  • 「TVや雑誌で、株で1億円儲かりました!という特集を見て」
  • 「連日新聞に掲載される好相場のニュースを見て」
  • 「SNSに出てた広告を見て」
  • 「アベノミクスでなんか盛り上がってるみたいだから」

ほとんどの方が、周りに流されてなんとなーく株を始めます。私もそうでした…。

ひと昔前までは、銀行や保険会社の店頭で、営業マンが株式投資を勧めてくることが多かったですが、なんでもかんでもネット時代の現在は、SNSに蔓延る怪しいネット広告の文句に惹かれて、ホイホイと相場の世界にやってきます。

そして、ほとんどの方が長期的な運用計画を立ててからではなく、短期間で結果を出そうと投機目的で株を始めてしまいます。

当然ながら短期間に儲けようとすれば投資手法はハイリスク・ハイリターンになり、ギャンブル的なものになりますから、大きな損失を出してしまうリスクが高くなります。勝てる人の割合が少ないのは、殆どの方が、株でギャンブルしているからですね。

相場は、素人からプロまでが一つのフィールドで戦う弱肉強食の世界です。現在の相場を牛耳っているのは海外のヘッジファンドなどプロ中のプロ達です。

彼らを味方に付ければこれほど心強いものはありませんが、敵に回すと容赦なく襲い掛かってきます。個人の買いに対して売りをブツけて利益を出すような人達ですので、彼らの行動には細心の注意を払わなければなりません。

日本の投資教育はアメリカや欧米諸国と比較して非常に遅れていると言われていますが、そんな、投資素人の私達日本人が、バリバリの金融のプロ達の行動心理を汲み取っていかなければ、短期トレードで勝つのは簡単なことではありません。

個人投資家は、株で勝つことが出来ないのか?

私は2005年に株式投資をはじめたので、株歴は10年以上になりますが、正直最初は負けまくりでした。

何度も何度も、相場から退場させられそうになりながらも、今こうして相場に生き残れているのは、ある事をキッカケに、だんだん勝てるようになっていったからです。

ある事とは、別に特別なことでもなんでもなくて、きちんとした運用方法を学び、自分の負けたトレードを徹底的に研究したんです。負けないトレードを心掛けていたら、いつの間にかトレードが上達していました。株サイトとの出会いも良かったと思っています。

それでは、私が具体的にどんな事を気を付けてきたのか、体験談を交えながら、株で失敗しないための対処法や秘訣を、次のページで紹介します。

なぜ株式投資はギャンブルと言われるのか?投資と投機とギャンブル

オススメの投資顧問サイト紹介

私は、株の専門家の方々が推奨する銘柄を見てトレードしていますが、もし、あなたが株で失敗してしまっているとしたら、株サイトの情報に頼ってみたらどうでしょうか?

私が株で失敗続きだった頃、上手くいくキッカケになってくれたのが株サイトでした。

これから上がりそうな株を厳選して教えてくれたり、気軽にメールで銘柄相談もできます。(無料サービスです)教えて頂ける銘柄が全て上がるわけではありませんが、提供直後に急騰するケースも多いのでお勧めです。トレーダーっぽく言えば、期待値が高い銘柄を仕入れることが出来ます。

登録無料のおすすめ株サイト

PR

株プロフェット(登録無料)

いま、私がお世話になっている投資顧問会社さん。というのも、昔から藤本 誠之さんのファンという事もあります。元マネパ・SBI証券のシニアアナリストなど多方面で活躍されている方で、誰も注目していないお宝株の発掘には定評がある方です。テンバガー(株価10倍)を達成したペッパーフードサービス(3053)を500円台の頃に推奨していたのが強く印象に残っています。藤本誠之さんのコラムは必見の価値ありですよ。※SBI証券の連載コラムは終わってしまいましたし、このサイトの連載コラムは貴重な情報源です。


PR

グラーツ投資顧問 (登録無料)

無料提供銘柄の80%が上昇すると話題のグラーツ投資顧問。グラーツ投資顧問の良いところは、提供銘柄に定評があるだけでなく、1ヵ月単位での勝率や含み益を開示してくれており、どのように資産が増えるのかイメージしやすく、しっかりとユーザーの資産に向き合おうとする姿勢がうかがえます。 昨今のネット投資顧問は、どれだけ短期間に吹き上がる銘柄を発掘できるかを競い合っている傾向にありますが、グラーツ投資顧問は、ホットなテーマ株情報を提供しつつも、アベレージで利益を出すということが前提にあります。そういう意味では、長く付き合えるパートナーを探している方に、是非、試していただきたい投資顧問です。


PR

ファーストリッチ投資顧問

お宝銘柄推奨という意味では、この株サイトもオススメです。代表者は金融業界キャリア30年以上、”相場の鉄人”と称される証券会社OB「鳥丸好一」さんです。機関投資家や国内外ファンドなどに精通した人脈の広さを活かした銘柄推奨が特徴というだけあって、情報の精度は高いと感じます。推奨銘柄の経過を追ってますが、良いパフォーマンスを見せています。

これらの株サイトの特徴は、無料でその時々の注目株や、相場レポートを配信してくれることと、「銘柄相談」に定評があることです。もし、含み損が大きな銘柄を抱えてしまっているなら、包み隠さず相談してみては如何でしょうか。(銘柄相談は、電話でもメールでも大丈夫です。)

どの担当者も、誠実・丁寧にアドバイスして頂けるはずです。対応も早く、当日か翌営業日には返答がきます。まだ使った事がない方は「銘柄相談サービス」の利用をおすすめします。 ただし、質問の内容が複雑すぎたり、一度に相談する銘柄数が多い場合には、回答まで数日かかるかもしれません。個人的なオススメとしては、一度にたくさんの相談をするのではなく、必要最低限の質問を複数回に分けてする方がレスポンスは良いと感じます。銘柄相談する場合には工夫してみてください。

いろんなサイトを試しましたが、やはり、サポート対応がしっかりしているところは、総合的にサービスのレベルは高いと感じています。このサイトで取り上げた投資顧問サイトは、もちろん、サポート面もしっかりしていますし情報やサービス水準は高いと思います。是非お試しください。

"ココは使える!"と思う投資顧問サイトは、正直あまり多くありませんが、他に見つけたら、この一覧で紹介させていただきます。