株で失敗続きの方必見!イチオシの運用ツール紹介

なぜ株式投資はギャンブルと言われるのか?投資と投機とギャンブル

株式投資には、「投資」という言葉が含まれるため、なんとなく安全なものだと思っていまいがちですが、株式投資はやり方一つで投資にもギャンブルにもなることは、しっかりと認識していなければいけません。

本来、投資とは、目標とする金額や運用期間を決めてから取り組み方を決めるものですが、株式投資で失敗しまう方の多くが、目先の利益ばかりに囚われ無計画のまま株式投資を始めてしまいます。

また、人間の脳は私達が思っている以上にバカです。含み益が出れば調子に乗り、含み損が出れば焦ります。含み損の金額によっては仕事が手につかなくなってしまう方もいるでしょう。

とくに、なんとなく儲かりそうだからと周りに流されて株を始めた方は、ギャンブル的な運用にならないよう充分気を付けてください。

「投資」と「投機」と「ギャンブル」の違いを見てみましょう。

「投資」と「投機」と「ギャンブル」の違いと、株式投資で失敗しやすい運用方法

1.投資家

将来有望な割安銘柄を探して、長期間保有する人。 配当・優待利回り重視の人。

数百万円・数千万円・数億円という余力資産を、長期間株式投資で運用する人達を指します。本来の株式投資の姿といえます。こういう投資方法はリスクが低いので失敗しにくい投資法ですが、株価が高い時に投資してしまったが為に、数百万円・数千万円単位の含み損を抱え、保有銘柄は「塩漬け状態」という方も意外と多いようです。

2.投機家

短期的な価格変動を利用して、利ざやを得る人。デイトレ・スイングトレード。

キャピタルゲインという”利ざや”を狙って短期売買を繰り返して資金を増やすことを目的とした人達です。ニュースでも「海外の投機筋が~」なんて言われますが、短期間の売買で大きなリターンを狙うなら、それは投資ではなく投機ということになります。

3.ギャンブラー

株価の上下に興奮して一喜一憂する人。その場の感情でトレードする人。株にスリルを求める人。

説明するまでもなく、投資とも投機とも違う、トレードルールが全く定まっていない方を指します。その場の感情や他人の話題にすぐ流され、運任せに売買を繰り返す人達のことです。自覚しているかはともかく、株式投資で失敗するほとんどの方が、ここに属しているはずです。

偉そうに書いていますが、私も株を始めたばかりの初心者の頃はそうでした。

なぜ株式投資はギャンブルと言われるのか?

一口に株式投資と言っても、やり方は千差万別で、ギャンブル的な運用をしようと思えば、いくらでも出来ます。株式投資をやっているつもりでも、実は、株式相場という土俵で、ただただ「丁半博打」を繰り返しているという方が大半なのではないでしょうか。

また、株に限らず、FX・先物・仮想通貨などの相場取引の全てに言えることですが、レバレッジ取引の存在がさらに拍車をかけています。

株式投資で失敗する方が多い理由の一つに、「株式投資には明確なルールや正解」がないことが挙げられます。

どの株を買うのか?いつ買うのか?いつ売るのか?などは全て自分のさじ加減です。正解がないからこそ、株の知識がない初心者ほど、感情や話題に流された判断をして失敗してしまいます。

10年先、20年先を見据えた長期投資をするのか、はたまた、値上がり益を狙ってデイトレードやスイングトレードなどの投機をするのか、あるいは、一攫千金を夢見て信用取引のレバレッジを使った勝負をするのかは自由ですが、一つ言えることは、どんな運用方法をするにせよ、なにかしらの指針・計画・ルールを作ることが大切です。

もし、あなたが軽い気持ちで株式投資をはじめ、ギャンブル的な運用をしているなら要注意です。今すぐ自分の運用方法を見直して、ギャンブラーから投機家・投資家になってください。

ギャンブラーから卒業するために、私がとくに意識するべきだと思うポイントを紹介します。

株式投資で失敗しないために意識したい3つのポイント

私は2005年に株式投資をはじめ、10年以上の株式投資歴があります。けして、ベテランというほどの経験はありませんが、それなりに株式相場とは向き合ってきたつもりです。

とくに、ライブドアショック、サブプライム・リーマンショックという暴落相場を経験したので、相場の恐ろしさについては、ある程度は心得ているつもりです。こうした相場局面を体験してきた中で、トレーダーとして生き残るために大事なポイントがあることを痛感しました。

それは、「マインド」「資金管理」「ロスカット」の3つです。基本中の基本ですが、とても重要なことです。もし、あなたがこの中で、守れていないことが1つでもあるなら、遅かれ早かれ、株で失敗してしまうでしょう。

この株で失敗しないための3つのポイントは、ファンダメンタルズ分析や、テクニカル分析を学ぶ前にクリアするべき問題だと私は考えます。それらの知識を詰め込むのは、これらのポイントを理解してからで遅くはないでしょう。

この3つを徹底できれば、株式投資の初心者から一歩抜け出し、勝ち組トレーダーに近づけるはずです。もし、株で失敗したくない!成功したいと思ったら、このポイントは最低限抑えておくべきです。

3つのポイントについては、詳しく書いたページを用意しています。詳しく知りたい方は是非チェックしてみてください。

私はこの株サイトを利用してギャンブラーを卒業しました

私は、株の専門家の方々が推奨する銘柄を見てトレードしていますが、もし、あなたが株で失敗してしまっているとしたら、株サイトの情報に頼ってみたらどうでしょうか?

私が株で失敗続きだった頃、上手くいくキッカケになってくれたのが株サイトでした。

これから上がりそうな株を厳選して教えてくれたり、気軽にメールで銘柄相談もできます。(無料サービスです)教えて頂ける銘柄が全て上がるわけではありませんが、提供直後に急騰するケースも多いのでお勧めです。トレーダーっぽく言えば、期待値が高い銘柄を仕入れることが出来ます。

登録無料のおすすめ株サイト

PR

株プロフェット(登録無料)

いま、私がお世話になっている投資顧問会社さん。というのも、昔から藤本 誠之さんのファンという事もあります。元マネパ・SBI証券のシニアアナリストなど多方面で活躍されている方で、誰も注目していないお宝株の発掘には定評がある方です。テンバガー(株価10倍)を達成したペッパーフードサービス(3053)を500円台の頃に推奨していたのが強く印象に残っています。藤本誠之さんのコラムは必見の価値ありですよ。※SBI証券の連載コラムは終わってしまいましたし、このサイトの連載コラムは貴重な情報源です。


PR

グラーツ投資顧問 (登録無料)

無料提供銘柄の80%が上昇すると話題のグラーツ投資顧問。グラーツ投資顧問の良いところは、提供銘柄に定評があるだけでなく、1ヵ月単位での勝率や含み益を開示してくれており、どのように資産が増えるのかイメージしやすく、しっかりとユーザーの資産に向き合おうとする姿勢がうかがえます。 昨今のネット投資顧問は、どれだけ短期間に吹き上がる銘柄を発掘できるかを競い合っている傾向にありますが、グラーツ投資顧問は、ホットなテーマ株情報を提供しつつも、アベレージで利益を出すということが前提にあります。そういう意味では、長く付き合えるパートナーを探している方に、是非、試していただきたい投資顧問です。


PR

ファーストリッチ投資顧問

お宝銘柄推奨という意味では、この株サイトもオススメです。代表者は金融業界キャリア30年以上、”相場の鉄人”と称される証券会社OB「鳥丸好一」さんです。機関投資家や国内外ファンドなどに精通した人脈の広さを活かした銘柄推奨が特徴というだけあって、情報の精度は高いと感じます。推奨銘柄の経過を追ってますが、良いパフォーマンスを見せています。

これらの株サイトの特徴は、無料でその時々の注目株や、相場レポートを配信してくれることと、「銘柄相談」に定評があることです。もし、含み損が大きな銘柄を抱えてしまっているなら、包み隠さず相談してみては如何でしょうか。(銘柄相談は、電話でもメールでも大丈夫です。)

どの担当者も、誠実・丁寧にアドバイスして頂けるはずです。対応も早く、当日か翌営業日には返答がきます。まだ使った事がない方は「銘柄相談サービス」の利用をおすすめします。 ただし、質問の内容が複雑すぎたり、一度に相談する銘柄数が多い場合には、回答まで数日かかるかもしれません。個人的なオススメとしては、一度にたくさんの相談をするのではなく、必要最低限の質問を複数回に分けてする方がレスポンスは良いと感じます。銘柄相談する場合には工夫してみてください。

いろんなサイトを試しましたが、やはり、サポート対応がしっかりしているところは、総合的にサービスのレベルは高いと感じています。このサイトで取り上げた投資顧問サイトは、もちろん、サポート面もしっかりしていますし情報やサービス水準は高いと思います。是非お試しください。

"ココは使える!"と思う投資顧問サイトは、正直あまり多くありませんが、他に見つけたら、この一覧で紹介させていただきます。